自動車の免許を取得している人は数多く、その分国道や高速道路には数多くの自動車が走っています。しかし、自動車を運転するということは、交通事故を起こす可能性がある、ということを忘れてはなりません。万が一の時に備えて自賠責保険に加入していることはもちろんのこと、自動車保険に加入しておくことで、自分自身を守ることにも繋がります。交通事故を起こした際、自損事故ではなく人身事故の場合、相手に治療費を支払うことはもちろんのこと、賠償金なども支払う義務が運転手にはあります。それを決める際、示談という方法がよく使われます。示談とは、当事者同士が話し合って賠償などの金額や内容を決め、双方の合意によって行われるという仕組みです。交通事故の場合は保険会社なども介入して決められることが多く、この示談金を支払う時、保険に加入しておけば、ここから支払うことができます。

示談をして交通事故を収める

自動車やバイクを運転する際、法律を遵守して運転することはもちろんですが、それでも交通事故が起こってしまうことがあります。相手がいる場合は過失割合を決めたり、自分に賠償義務がある場合は賠償金を支払わなければなりません。そのような具体的な内容を話し合い、法的に罰するのではなく、お互いの合意の上で物事を決めるのが示談です。自動車などの交通事故ではよく行われる方法です。従って、納得できない内容である場合には、無理に示談をする必要はありません。納得できるところまで内容を引き上げることも当然できます。その逆もあり、提示された金額があまりにも高すぎる場合には、引き下げを要求することもできます。このように、交通事故では話し合いによって決められることが多く、起こした時には少し忙しい日々が続きます。このような時には、弁護士や保険会社の力を借りて動くことも、また方法です。

交通事故の際の示談の流れ

交通事故に合ってしまったら、示談についてどのような流れになるのかをあらかじめ知っておかれることをおすすめしておきます。まず、事故が発生したら、相手の身元を確認しましょう。それから警察へ連絡をし、実況見聞の調書をつくってもらうことです。それから加害者側、それから被害者側の双方の保険会社へ連絡をしましょう。それからケガなどをされている場合には治療をおこないます。そして、治療を完了したら損害賠償の確認をします。それからここで示談の交渉がはじまります。双方の保険会社がされることですので特に本人同士は動く必要はありません。それから示談が成立をして終了です。ここで成立をしない場合には、次の段階として弁護士などの法的機関へ移行することになるということを知っておきましょう。(これは、あくまでも任意保険に加入をしている場合です)