どんなに交通ルールを守って安全に運転していても、思わず形で事故に巻き込まれてしまうことがあります。交通事故の被害者になってしまったときは、加害者の保険会社から示談金が提示される場合が多いのですが、その際は示談書にサインする前に、弁護士さんに相談するとよいでしょう。その理由は、保険会社の言うままに示談をしてしまうと損をしてしまうことがあるからです。また、自分は一切悪くないにも関わらず、過失があると言われることがあるかもしれません。そんなときは、事前に弁護士さんに相談することで、納得のできる金額を受け取れる可能性が高まりますので、慌てずに相談すると安心です。その際は、豊富な実績と持つ、交通事故に詳しい弁護士さんを選ぶことも大切です。さまざまな経験を活かして、被害者をしっかりサポートしてくれるので心強いです。

交通事故後の示談処理とは

交通事故を起こした後すぐに行うべきことは、けが人の確認、救急車や警察への連絡、損害物などの片付け、目撃者を探す、相手の名前と、電話番号、住所の確認、家族や職場への連絡、証拠写真撮影などです。これら全ての段取りを踏んだ後、示談を行います。ここで言う示談交渉と言うのは、損害賠償金の金額を相手と相談して決めることです。最終的な解決はお金なので、お互いが納得するまで話し合わなければいけない少し厳しい場面となります。巻き添えになった人が多ければ多いほど、事故を起こした本人の負担は大きくなるので、慎重に扱わなければいけません。問題が解決しなければ、司法に出向いて解決することも起こり得るので、お互いの歩み寄りが大切になって来ますが、人身事故の場合はそう簡単に処理できないのが一般的です。自分たちでの解決が難しい場合、弁護士などに間に入ってもらうことも大切です。

交通事故の示談は専門の弁護士に相談しよう

車を運転する場合、常に安全運転を心がけているドライバーは多いのではないでしょうか。でも、安全運転を心がけていても、予期せぬ状況になってしまいトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。自分が被害者になってしまった場合は、加害者である相手やその保険会社と話し合いを行いますが、その中で示談などの提示を受ける場合があります。被害者になると、この問題を早く終わらせたいという気持ちが強く、ついサインしてしまうケースが多いそうなのですが、そのほとんどがあまり良い条件でのものではなく、損をしてしまうことが多いそうです。そこで、大切なのはまず交通事故に詳しい弁護士などの専門家に相談することなんだそうです。その時の事故の状況で、提示された示談金などが適正なものかどうかの判断は、素人では難しいものがあります。やはり専門家に相談することで適正な話し合いが実現し、良い解決に導いてくれるのはもちろん、不安な気持ちを払拭してくれて心強いので、安心感も大きいです。示談書にサインする前に、まずは専門家に相談しましょう。